音を重ねる

ブログ http://happy-cello.blog.jp/archives/77067115.html

 

和音を弾くときには、2つ以上の弦に触れていくのですけれど、
どうも、難しいなぁ。。。と思ったら、
なんだか、興味深いなぁと言い換えてみてね

高い音が弱いなぁ。
真ん中の音が鳴らないなぁ。。
同時に同じように鳴らしたい?

それぞれの響の違いをどんなふうにブレンドできるかな?
と思ったらどうかしら?

重音の連続するときなど、力んでしまうなぁと思ったら。

「すぐ弾かないと!
急いで次に行こうとするとき、力が入ってしまう。

「しっかり押さえないと!
移る前、ぎゅっとしていることは、
次に音を取る時の自由さを邪魔してしまう。

分かっちゃいるけど。。。ですよね。

そこで。
頭が脊椎の上でふんわりと動けるようにと思うこと、
これが、楽な動き、やりやすさのための
ロックを外すカギなのです

そうすることで、自分全体の働きの中で、
必要なだけの力を見つけていき、
いつでも動ける自由さを見つけていきます。

まずは1つ1つそれぞれで、音の響を保ってみましょう。

指と弓は、それぞれどんなふうに触れていますか?
それぞれの動きの関係性を見ていきましょう。

次の弦に移る前の、音の終わりを観察してみましょう。

どんなタイミングで、どんな動きがあるでしょうか。

***************

音楽を思って、
自分全体の動きを思って、
1つ1つ、
指が動く。
弓が歌う。

響きを生み出す。
音の生まれる直前のエネルギーをみて。
音と音の間をながめて。
この空間に、消えていく音に耳を傾けて。
音の終わりの小さな瞬間も、今を生み出している

終わりから、始まりへ。
次にいつでも動き出せる静けさ、明晰さは美しさでもあると思います。
次に行こうとするときの意識は、興味深い

 

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

NO IMAGE

楽器を弾くまでの動きの中にも、弾きやすさのヒントがある

座ってから、 演奏するために足をどんなふうに起きなおそうか? と考えることがあるのではないかしら。 座る前からの動きが、 チェロ...

記事を読む

NO IMAGE

音を大きくしたい

実習レッスンの中で。 今回はご趣味のバイオリン演奏についても何回かみていきました。 お悩みは、 練習もほとんどできないくら...

記事を読む

「やりにくさに含まれているもの」やりたいことのために

久しぶりの投稿になりました。 今回は、レッスンの近況と、ちょっとした思いなど書いてみようと思います。 ***************...

記事を読む

座るときの考え

グレッグ先生のレッスンを受けました。 (2018年4月末) 演奏しやすい動きやすいやり方を提案されています。すごーく真剣そうです...

記事を読む

ブログ「チェロと歩む」

アレクサンダーテクニークに出会ってからの記録があります。 演奏のことや様々な学びや思いを綴りました。 よろしければどうぞこちらを覗いてみてください.

記事を読む

実習レッスン受講生募集のお知らせ(募集終了しました 2018.7.19)

実習生レッスンを受けていただく生徒さんを、1名募集します。 私自身がこれまでに演奏などの表現の困難や痛みを、アレクサンダーテクニークを学んだことによって解消してきた体験と、それによって得られた心地よさからお伝えできることがあります。

記事を読む

新しくホームページを作りました

2018年3月より、アレクサンダーテクニーク教師(仮免)として活動できることとなりました!これから実習レッスンの生徒さんの募集や、レッスンやワークショップのご案内ができるように、ホームページを新しく作りました。

記事を読む