はじめの一歩・・・やりたいことをやる為に

アレクサンダー・テクニーク(ボディ・チャンスメソッド)を学ぶきっかけになった事について書いてみます。

趣味のバレエを通じて、アレクサンダーテクニークとボディマッピングというものを知り、関連の本を興味を持って何冊か読みました。

身体の使い方に変化があると、それが演奏にも共通すると思っていたので、その視点で演奏をもっと変えていける、可能性があるのを感じました。

演奏するのに伴う緊張がどうにかならないものか、という思いがありました。


バジル先生の体験グループレッスンを、管楽器のTp.Hr.の方たちと一緒に受けました。

体験してみて。                                             実際に初めてのレッスンですぐに指摘されたのは、チェロを弾く時に顎を下へ引いて、胸の上の方を後に引いている、ということでした。

自分がやっていたことで起こる、身体の緊張に気付かされ、そして頭のことを思うこと、『頭が動けて 身体全部がついてくる』と考えてやってみることを教わりました。

最初は戸惑いましたが、「フレーズごと、ブレスごと、ボーイングごと、何でもいいから『まず頭、頭、・・・』と思うようにやってみます。

頭が動けるように思う、そうすることで首を後へ引く緊張が緩みました。

身体も動きが変わって、演奏の音は響きの質が変わりました。

変化が一緒にいた人たちにも分かり、自分でも驚きでした。
これがまず最初の体験でした。

その後も頭の事を思い出していると、街中や客席の人達やまわりがずっとよく見えるようになりました。

すぐに前と音が変わったね!と言われることがありました。

それから間もなく、バジル先生の音楽家の為のワークショップに2つ参加しました。

知っていたら役に立つ身体こと、いいと思ってやっていたこと、やらなくてよかったこと。            思考が身体に及ぼす影響や、役立つ考え方があることを知りました。
参加した方たちそれぞれの変化と驚きがわかり、皆さんと同様に、私も希望が湧いてきました。

そして音楽プロコースに入り、学ぶことに決めました。

いつもやっていること、身体に起きていることは、考えることと繋がっている。                そのことに気付き、それをしなくて済むように、より目的にふさわしい動きをする為に。            まず考えたいことの中心にあるのが、『やりたいことをやる為に 頭が動けて 自分全部がついてくる』なのです。

この学びにはいつも、新しい発見の驚きと、変化への希望があります。                    興味が持てたら、是非体験してみてくださいね!